インフレに対応しやすい年金システム

老後不安を解消するために、最近利用者を増やしているのが変額年金というサービスです。

変額年金というのは、確定年金よりも高い利率を持つ投資を行うことによって元金を増やし、より多くの金額を受け取れるようにしていく、というサービスです。その代わり、どうしても行う投資のリスクが大きくなるため、確定年金と違って最低金額の保障というものは行なわれていません。

かつては安定性の方を優先する日本人が多かったのですが、最近ではより高いお金を得られることの方が重視されるようになってきており、利用者が増えているわけです。リスクは会社ではなく契約者にダイレクトに来ることになるので、その部分についてはある程度把握して覚悟をしておく必要があります。

ただ、変額年金にはお金が増えやすいという以外にもメリットがあります。その1つが、インフレが発生した時に対応することができるということです。確定年金は安定性を優先するために小さな投資活動しか行っていないため、もしも支給が開始される段階においてインフレが進んで円の価値が落ちていたとしても、受け取れる金額が多くなることは少なく、相対的な受け取り額が小さくなってしまう可能性があります。

以下のブログもお勧めです。
変額年金の特徴を分かりやすく解説!
投資信託と比較している注目コンテンツです。

アクティブファンドの代表

ファンドというのは投資信託の事を表す言葉ですが、一口にファンドと言ってもその種類は色々と存在しています。大きくファンドを二つに分類するのであれば、アクティブファンドとパッシブファンドということになるでしょう。アクティブというのは能動的という意味で、パッシブというのは受動的という意味です。

アクティブファンドというのは自分から積極的に投資を行い、時には高いリスクの投資も行いながら市場を先行して投資効果を上げていくファンドのことをいいます。特にアクティブファンドとしての役割が大きいのがヘッジファンドということになるでしょう。
ヘッジファンドは数あるファンドの中でも特に実力が問われるストイックなファンドといえます。指数と比較してではなく、常に黒字を出すということを目標としているため、場合によってはリスクの高い投資が必要となるためです。

対してパッシブファンドは、ヘッジファンドなどのアクティブファンドが作った市場の流れに乗ることで利益を得るファンドのことをいいます。自分たちで波を作ることをしないために大きな利益を挙げることはないものの、逆に大きな損益を被ることも少なく、着実に利益を挙げることができるのがポイントです。

リターンではなくリスクに注目を

皆さんはヘッジファンドについてどのようなイメージを持っているでしょうか?おそらく多くの人が持っているイメージは、「ハイリスク・ハイリターン」なのではないかとおもいます。このイメージが引いては海外投資全体が「ハイリスク・ハイリターン」なものであるというイメージにつながっています。実はこのイメージというのは正確なものではないのです。
というのも、ヘッジファンドというのは常に黒字であることを目標として投資を行っている絶対実力主義、絶対結果主義の世界です。黒字が非常に大きいことよりも、決して赤字にならないことの方が評価が高い世界なのです。つまり、ヘッジファンドは必要以上にリスクを取ってリターンを増やそうとすることはありません。
海外投資を行う際にはできるだけリターンを増やし、リスクを減らすようにしていく必要があります。この時、リターンを増やすことにばかり注目してリスクを疎かにすると、後々大きなダメージを負ってしまう可能性があります。そうならないためにも、海外投資先の選択を行う時には、リスクの少なさの方を重点的に選んでいくと良いでしょう。
そもそも海外投資は国内投資に比べて利率がよいものがほとんどですから、リターンばかり追求する必要性が薄いのです。

海外投資のリスクに着目した以下のコンテンツもご一緒にどうぞ。
海外投資初心者のための入門ブログ

資産配分を踏まえてインデックス投資を攻略する

資産運用を行う上では、リターンとリスクのバランスを考えることが重要です。インデックス投資を実施する場合には、リスク面での魅力は大きいものの、リターンの大きさは他の方法で運用を行った方が、成果が大きくなる可能性があります。但し、あくまで可能性論であって、現実的にはリスクを知ってまで飛び込むかという点では議論が成されます。

資産配分の組み合わせを行うことは、投資で成功するためには必要不可欠。まずはインデックス投資とアクティブ投資のそれぞれでどのような戦略を立てるべきかを考えることによって、限られた資産を最大限に活用できる道が開けます。個人銘柄のレベルであっても資産配分を行うことは重要です。

値動きのブレについての検討が行えるのであれば、投資効率を踏まえた検討を行うのも有効です。同じ資産でも使い方次第で大きな成長を遂げる可能性があるのは、リターンが小さいと言われているインデックス投資であっても十分な期待が見込めます。

資産配分の組み合わせを考えつつ、これからの資産運用を検討することができるようになれば、自分にとってのベストな選択ができるようになります。組み合わせは無限に広がるからこそ、限られた商品と言われる日本市場においても、人気のある投資として認められているのです。

ワンルームマンション投資とは

不動産投資なのですが、元手となる土地建物がないと開始できないというイメージがあるかと思います。しかし最近の不動産投資には、ワンルームマンション投資というものがあります。ワンルームマンション投資とは、マンションの一室の大家になって、家賃収入を得るという大変コンパクトな不動産投資として注目されています。

ワンルームマンション投資のメリットなのですが、他の不動産投資よりも必要資金が少なくて済むというのが特徴です。マンション全部を建てる必要も、全部の所持件を買い取る必要もないので、資金が最小限でマンション経営を可能にすることができます。

またマンション全部を買った場合は、空き部屋は維持コストを消費するだけの不良債権となります。全ての部屋に住人を入れる事は難しくとも、一部屋だけなら管理はひとつだけですので宣伝も容易で、最悪の場合知人に住んでもらうといった方法で家賃収入を得ることが可能になります。

ワンルームマンション投資による家賃収入はたいへん魅力的です。住人に住んでもらうだけで定期収入が約束されます。マンション投資は手堅く収入が手に入るので、老後の資産を作り出すための投資として、最適のものだと思われます。